結婚式日記を少しお休みして、今日はこないだ読み終わった本の話をします。読書感想文も前よりはマシになったかなぁと思いつつも、昔の記事を見てみると「あちゃー」とならずにはいられませんねw 成長の過程だと思ってお付き合いいただけると嬉しいです。

恩田陸著『ドミノ』は登場人物27名すべてが主人公の作品。別れ際のカップルや大学生、保険会社員、映画監督。そのほかにも様々な人が東京駅を中心に起こるドタバタストーリーへ巻き込まれます。偶然に偶然が重なり展開されていくストーリーは読み進めていけばいくほど、どんどん広がっていきます。

私が一番気に入った登場人物は、舞台のオーディションを受けた小学生の麻里花。彼女の成長していく姿が魅力的で、最後に思わず「お見事!!」と言いたくなる痛快な結末が気持ちをスーッと晴れさせてくれました。

ちょっと残念だなぁと思ったのは全体の終わり方。ストーリーを膨らませ過ぎたがゆえに、27人中何人かは雑な終わらせ方だなと思ってしまいました。
でも、これが映画になったら面白いんじゃないかなとも思いました。映像が連想されるシーンがとても多く、こんな風に作ってほしいなと思うこともたくさんありました。

この本は嫁が買ったのを貸してくれたんですが、家にはまだ恩田陸さんの本がたくさんあります。ちょっとがっかり気味なので読むかはわかりませんけどねw おすすめがあったらぜひ教えてください(^^)

ドミノ (角川文庫) Amazonへ