ベース塾第1弾!とまではいかないのですが、ベースの部位名やチューニングの仕方など演奏に入る前のことをまとめます。
初めは自分で画像を加工したり、説明したりしようと思ったんですが、私が書かなくてもわかりやすいサイトがたくさんありました(^^;
リンクを交えて基本的な知識を勉強していただければと思います。

エレキベース各部の名称

まずはエレキベースについているパーツ各部の名称を覚えましょう。
初心者の方はとりあえず名前を記憶する程度で、経験者の方はそのパーツが何の役割で付いているかもしっかりと頭に入れておくことで、自分の楽器への理解を深めてみて下さい。

SOUND HOUSE 「ベース各部の名称」

チューニング

練習を始める前に必ずしなければいけないのがチューニングです。
こちらではチューナーを使った方法、ハーモニクスを使った方法などが書かれています。
ベースの初心者 「エレキベースの音楽理論 チューニング」

チューニングの仕方を寺沢功一さんがYOUTUBEでわかりやすく説明してくれています。

開放弦の音は合っているのに弦を抑えた時に音が合わないということがあり、その時にはオクターブ調整(オクターブチューニング)が必要になります。ギターやベースはナットとブリッジの真ん中を12フレット目として音階が合うようにフレットを打ってあるのですが、その間隔がずれているときはブリッジのコマを動かして調整します。(ギターもベースもやり方は一緒です。)
SOUND HOUSE 「オクターブチューニングの説明」

ネック調整

ネックは木で出来ていて温度や湿度の影響を強く受けるので、季節の変わり目などにチェックが必要です。
ネックの中には反りを調整するためにトラス・ロッドという鉄の棒が埋め込まれています。こちらもSOUND HOUSEさん(もー、頼りっぱなしw)に調整方法が書かれていますが、補足をするとトラス・ロッドで調整できる反りはあくまで12フレット以下の軽度な順反り、逆反りです。
ベースにとって大事な部分なので、自信の無いか方は信用できる楽器屋さんでこまめに調整してもらうことをおすすめします。
ネックが反っていると弦高が高くなってしまって演奏しにくくなったり、弦がフレットに当たってビってしまうことがあります。弾きやすい状態を保つためにも、こまめな調整を心がけましょう。
SOUND HOUSE 「ネックの調整方法」

と、まーSOUND HOUSEさんに頼りっきりでしたねw
「サウンドハウス虎の巻」は本当にためになります!w