2月16日、中野MOONSTEPで行われた、WATERCLOSETがホストのイベント「裏 SINGING ABOUT」へ行ってきました。
2FにあるBARスペースに簡易ステージ設けられ、50人くらいの人が集まりました。
この日の目当ては友達がおススメしてくれたBLACKBUCK。デビロックで見ようと思っていましたが、小さいハコで見られるので仕事後に駆けつけました!

CLASICKS

CLASICKS

ギター、ベース、ドラム、ボーカルに専任のハーモニカがいて5人編成。

リハを見ていた時は「ツインボーカルでたまに吹くのかな」と思っていたんですが、最初から最後までずっと吹きっぱなし( ̄◇ ̄;)
単調になってしまいがちなバックのパンクロックな演奏に、彩りを加えるといった味のあるハーモニカでした。

ボーカルがグループ魂のカオルさんに声と体格が似ていて、いつ「○○」と言ってくれるかと期待してしまいました(^_^;) もちろんやってくれるわけもなく、MC中は「平日の夜でも楽しく行こうよ!」と何度も言っていました。あれは完全にお酒で出来上がっていましたねw
演奏が終わったあとは、首に巻いていたスカーフを頭にネクタイの様に巻いていたので「新橋のサラリーマンかっ!?」とツッコミたくなりましたwww

BLACK BUCK

BLACKBUCK

彼らはベースボーカル、ギター、ドラムの3ピース。

転換中に熱烈なファンに「めっちゃかっこいいですよ!!」と話しかけられました。この人も出来上がっていましたねw
期待感がドンドンと膨む中、ワーミーを使った個性的な音でオーディエンスを惹きつけてからのライブスタート!

ファズの効いたハードコアなベース演奏に、スラッシュメタルを思わせるギターのバッキング。BARスペースでのライブだったので、ドラムはマイクも立てていないし、路上ライブで使うような小さいセットだったんですが、それでいてもパワフルなドラミング。
歌声はあんまり聴こえなかったんですが、3ピースにしてこの重圧感と思わせられるしっかりした演奏でした。

MCでは東京であまりライブがやれていないことを告白や、2月25日に出演するデビロックの話。「今度幕張メッセで1000人や10000人の前でやることになりました。でも、10000人もMOONSTEPも変わらないよね」と、ライブハウスで演奏することの愛情を見れてくれました。

YOUTUBEで「AWAKE」という曲の音源があります。
彼らの魅力が詰まった1曲、是非聴いて下さい!!

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=qim5UXJovfc[/youtube]

WATER CLOSET

WATERCLOSET

ベースとサイドギターがツインボーカルを務める4人編成ハードロックバンド。

リードとサイドのギターがしっかりと2つの色に分かれていて、それぞれの個性を活かした演奏が印象的でした。
特にリードギターの人は超絶………いや、「粋」でした!
早弾きがすごいとか、バッキングが重いとか、そいうわけではないんです。音の切り方が安定していたり、カッティングでしっかりノリがつくれていたりと、所々に細かい技術がつまっている演奏でした。
これがリズム隊と一緒にうねりを作る……バンドアンサンブルの良さを体感できました。

時間の関係で3曲目までしか聴けなかったんですが、また聴きたいって思わせられました。
実はMySpaceで音源を聴いたとき、そんなにピンときませんでした。生音を聴いてイメージが変わったので「来てよかった!」と思いました(^^;

そういえば、会場に「下駄オヤジ」と呼ばれる、有名なお客さんがいたみたいです。
そのひとは気前の良いおじいちゃんで色んな人にお酒をおごっていました。

今回お目当てのBLACKBUCKはデビロック前に一度見られて良かったなと思います。
次は大きいステージでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか?楽しみです(^^)v