夏休みを利用して北海道旅行に行ってきたんですが、ホテルの一階にスターバックス(以下、スタバ)が入っていました。通りに向かったカウンター席が10席ぐらいにはMacbookを使っているひとが4人ほどいて「これがネットでウワサの!意識高い系の人々!!」と思わずクスっとしましたw

そういえば、私もせっかくMacbookを買ったのに外ではあまり使っていないし、喫茶店で使っていることなんて一度もなかったのです。
そんな中「「スタバでMac開いてドヤ顔」な意識高い系を意識する人達w」というまとめを読みまして、これは調査も兼ねて自分も体験してみるしかないと。
そんなわけで、本日は半休をとってスタバに来ています。

本当にスタバでMac率高いの?

そうはいっても自分が見たときたまたま多かっただけじゃないのか?と疑問に思いませんか? Mac族がよく好むというカウンター席にきてみると、Macを使っている人は一人だけでした。

なんだ、そんなたいしたことないじゃん!」なんて思ってラテのグランデを注文。席に戻ってきてMacを広げてブログを書きながら周りを見てると、中にはWindowsのノートを使っている人もいる始末。
スタバ、りんご厨ばかりじゃないじゃんと思いました。しかしです!!よーく、周りを観察してみると、スマホ使っている人が全員iPhone!!そして、iPad!!でした。

そもそも外にパソコンを持ってくる人なんてそんなに多くないですよね。MacbookではなくてApple製品を好む人が多いことは確認できました。では、なぜスタバに限って多いのでしょうか?

Macユーザーにスタバが好まれる理由

IMG_20151014_134254

理由と言っても私の仮説ですがいくつか考えさせていただきました。

1. 電源が確保できる

カウンター席が好まれる理由として電源が確保できる点があげられます。これは他の喫茶店でもそうですが、よく電源が設置されているのはカウンター席です。どんなに充電してきたとしても、バッテリー切れは怖いものです。作業が捗ってきたときに、それが理由で帰宅を余儀なくされてしまえば気分も落ちてしまいます。
のんびりと時間を気にせず作業に没頭するためにも電源の確保は最優先です。(コーヒー1杯で長時間いるな!というクレームはご勘弁ください)

2. Apple製品を好む人のファッションへの意識

スタバはサザビーと組んでいることもあり、ドトールやプロント、タリーズなどの喫茶店と比べて、椅子やテーブルなどの内装にこだわりを感じます。
Apple製品を好むユーザーの中には、機能以上に洗練されたデザインに惹かれている人も多いと聞きます。そういった傾向の人たちは飲食やリラックスを求める際も、おしゃれで落ち着いた空間を求めるのではないかと考えました。

3. ゆっくり時間をとれる環境

うちの嫁さんは絶対音感を持っていて、音楽を聞きながら譜面を起こす際はよくスタバに行きます。その理由として「禁煙」をあげています。タバコの臭いが苦手な人にとって分煙が行われていない喫茶店は居心地がよくありません。
次に教えてくれたのがコーヒーのおかわりが100円で頼めることでした。(ドリップコーヒーに限る)多くの人は長く居座ることで「なんか、申し訳ない」と漠然と思っていることがあります。この思いに対し、100円でおかわりは嬉しいシステムであり、気を使わず長居ができるきっかけになります。
[参考記事] 知らなきゃ損!損!スターバックスの裏技、全部知っていますか?

4. 仲間意識

スタバでMacを使っている人の中には仲間意識みたいのがあるのかもしれません。他にも使っている人が多ければ、自分が使っていても大丈夫だと思う人もいるでしょう。家だとどうしてもやる気が起きない、でも外でMacを使って意識高い系に分類されたくない。そんな風に思う人も「スタバなら俺一人じゃない」となれば、安心してスタバに行けるのではないでしょうか?

スタバは安心してドヤ顔ができる

以上の理由からスタバは安心してゆっくりできる・・・いや、安心してドヤ顔ができる場所なのではないかと推測しました。そんな私は1杯のスターバックスラテグランデを飲みながらブログを書いてのんびりさせていただきました。

「Mac使っててブログ書いてるくらいかよ!」と思う方々、だいたいこんなもんなんです。他にMac使っている人の画面覗いたら、携帯の写真取り込んでるとか、音楽聴いてるとか、そんなんMacbook必要ないじゃん!って私も突っ込みたくなりましたからw

結論!!

スタバでMacを使っている人は別に意識高くない!

久々のブログ更新で駄文になってしまいましたが、みなさまご静聴ありがとうございました。