エフェクトボードを組んでから2か月半が経ちました。その間にスタジオ練習には何度か持っていき、ライブでも1度使い、近いうちにレコーディングで活躍してくれそうです。買ったときは「ちょっとお金かけすぎたかなぁ」と多少の後悔もあったのですが、使い続けていくうちに音楽を続ける中でいつかは買わなければいけないアイテムだったなと確信しました。今回は買ってよかったこと、これから役立つことを考えてみます。

レコーディング時のノイズ軽減

最近はMTRやDTM環境が安価で揃えられるようになって、音源を作ることの敷居はだいぶ下がりました。エフェクターを繋ぎ過ぎている場合、どうしてもノイズの量は多くなってきます。
ノイズはレコーディング時にはやっかいです。私はプロの方にスイッチャー、パワーサプライ、シールド、エフェクターの並びなど調整してもらうことでノイズの軽減をすることが出来ました。

ライブで安定のパフォーマンス

仲間が主催しているライブイベントでのことなんですが、ごく稀にステージの転換時に音が出ないと右往左往している人を見かけます。その中の原因はエフェクトを繋いでいるシールドの一つが使えなくなっていたり、つなぎ方を間違っていたり、ベース自体が壊れていたりと様々です。
音が出ないと焦りますよね。転換時間ってそこまで長くないし、手こずっていると本番の時間が削られてしまいます。
その悩みもエフェクトボードを組むことでほとんど解消されます。シールドはエフェクトボードにしっかりと固定しておけば断線することを避けられますし、スイッチャーでループをしっかり組んでセットしてあれば繋ぎ間違いもありません。あとはベース本体のチェック。チューナーにつないで針が振れればOKで次はアンプと焦ることなく原因を探せます。

低音に芯があることでバンドサウンドは向上する

一緒に演奏している人からエフェクトボードを組んで「音に芯が出てきて良くなった」と言われたことがあります。ベースは目立たないと思われがちですが、バンドサウンドの低音域をを支える重要な楽器です。エフェクターは多く繋ぐほど音痩せをしていきますし、ベースはギター以上に音痩せが気になります。そのためにスイッチャーやパワーサプライの選定はとても大事です。

プロの仕事

私は正直エフェクターのことは詳しくありません。コンプレッサーは歪み系より前に繋げなきゃいけないとか、場所によってベースシンセは効きが変わるとか全然わかりません。
そんな私にはやっぱりプロの仕事が必要でした。ESP Tecnical House榊原店長にきちんと設計してもらったおかげで、とてもいい仕上がりになりました。

image

この度、ESP Technical Houseのスタッフブログで紹介してもらえました!
http://ameblo.jp/esptechnicalhouse/entry-11891434518.html

4月下旬に納品されたのに、ブログ公開が7月って・・・・。掲載おそっ!!w

長く音楽をやっていくことを考えたら、エフェクトボードを組んでもらうのは良い買い物だと思います!!ご興味がある方は連絡をくれれば榊原店長を紹介します!