朝のラッシュ時は電車の中だけではなく、ホームにもたくさん人がいて動きにくいですよね。私は毎朝、副都心線の新宿三丁目駅で降りて丸ノ内線に乗り換えるのですが、連絡通路がすごい混んでいてなかなか進めないんです。ホームには警備員さんが大きな声で誘導しているくらい騒然としており、この人ごみは誰かがコントロールしないと事故に発展しかねません。

ドア付近に待機していて、一番先に出て急いでいけばいいんじゃないかとも思われるんですが、連絡通路は電車の進行方向とは逆のホームの端にあって、一番後ろの車両は女性専用なので乗ることが出来ないんですよね。なので次の車両なわけですが、ここで降りると連絡通路にたどり着くまでにも大渋滞です。

そんな渋滞に巻き込まれていた会社の上司が私を見つけたことがあるらしく、先日仕事中に「三丁目の乗り換えはあっちじゃ遅いよ!!」と教えてくれました。

単純な話なんですけど、連絡通路の手前にある改札口行きの上り線用エスカレーターに乗って、一度改札を出てしまえば、渋滞に巻き込まれることもなくスムーズに乗り換えが出来るんです。まさに急がば回れ

home_santyome

もちろん、この方法には定期券が必須です。Suica、PASMOなどで有効期限が切れている時に気づかないでやっていると、そうとうな打撃を受けるので注意しましょう。
こういうケースは新宿三丁目に限らず、他の駅にも存在するかもしれません。皆さんもちょっと考えてみて、快適な通勤ライフを手に入れましょう。