携帯電話の更新月がやってきたので機種変更をしてきました。今回は2年間使ったauiPhone4SからY!mobilenexus5への機種変更。iPhone以外のスマートフォン(以下、スマホ)は初めてだったし、周りにAndroidを使っている人もいないので多少不安もありましたが、スマホ使い慣れている人ならそんなに違和感なく変えられるもんだなと実感しました。

ここのところニュースでも賑わっている低価格スマホ。Y!mobileの商品もその一種で、一番安価なプランは2,980円(税別)から。
当然、大手3社と比べるとサービス内容は落ちていますが、あまり使なわない、電話とメールで十分という人には魅力的ですよね。そうなるとヘビーユーザーにとっては物足りないのか?となるわけですが、私はそう思いません。私自身はスマホ依存症とも言える人間なので「低価格なんてダメでしょ?」と思っていたのですが、使い方を工夫すればこれでも十分やっていけるんじゃないかなと思っています。そう思えた理由と、安いスマホが大手とどう違うかをまとめてみます。

価格とデータ量の制限

固定費の見直しをすることで年間にかかるお金はずいぶんと変わってきます。では大手3社のiPhoneと比べてどのくらい変わってくるのでしょうか?(価格はすべて税別)
大手はデータ量が5GB(auは7GB)に通話が他社携帯まで定額のプランを合わせると、8,000円前後になるようでした。対してY!mobileは3GBのプランで3,980円。通話は10分以上は課金されてしまいますが、4,000円の価格差は大きな違いです。(1,000円プラスで10分の制限が外れるオプションがあります。)
大手と比べるとデータ量が少ない気もしますが、私は家、会社ともに無線LANが通っているので、そこまでスマホの回線を使わないので十分です。しかも端末台は16GBなら0円なので、iPhoneの実質0円と変わらないですね。
年間経費にしてみると…

月間差額 4,020円 × 12 = 48,240円

2年間でこれだけの差が出てしまうんですね。皆さんも一度比較してみてはいかがでしょうか?

電波が悪い?速度は遅い?

でもどうせ安かろう悪かろうなんでしょ?と思いますよね。まず気になるのは電波。Y!mobileなんて聞きなれない会社はつながりにくいに決まってる!と思ってしまうかもしれませんが、softbankと同じプラチナバンドを使用しているので心配ありません。
それに加えソフトバンクWi-fiスポット無料で使えて心強い。私は通勤中に繋がる無線LANスポットがあるのでとても助かっています。自宅、会社に無線LANが通っているおかげもあり、1日のデータ量も20MB程度済んでいます。
速度は大手と同じLTEなので遅く感じることはありません。iPhone4Sは3G回線だったので断然こちらの方が早く、大手のiPhone5Sと比べても遅さを実感することはありませんでした。

動作は快適か?

iPhoneと比べてデバイスの使い勝手はどうか?専用のOSなだけあってiPhoneの方が一貫性があるのと、nexus5は大きさが違うので違和感を感じました。
デフォルトのハングアウトというアプリでメールしようとしたんですが、電話帳からアドレスをコピーしないと送れないし、他のアプリには「@ymobile.ne.jp」のアドレスを設定できない。一応アプリをインストールして解消されましたが、iPhoneに設定した時の方が簡単でしたね。
明らかに残念なところはバッテリーの持ち。これはiPhoneほどよくないですね。

大きさはディスプレイそのものも大きくなって見やすいとも取れますし、デフォルトの機能も慣れていくことであきらめもつくかなと考えます。
メールに関してはもう少し調べて使いやすい環境を探してみたいと思います。

まとめ

iPhoneに慣れている人には多少の使い辛さ、慣れていない感じは否めないですが、使っていくうちに馴染んでいく気がしました。
データ量が3GBと多少心もとない感じはありますが、アプリのダウンロードや写真の同期など、多くデータ量が掛る作業は無線LAN環境下に限定すれば問題なさそうです。使っているデータ量はスマホ内ですぐチェックできるので、節約も難しくないと思います。

以上、私が実際に使ってみての比較でした。皆さまも固定費の見直しを是非してみましょう!