WordPressにはプレビューボタンがついていますが、記事を書いて公開した後はサイトへアクセスして記事をチェックする事が必要です。しかし、自分で自分のサイトに何度もアクセスしていると、有効なGoogleAnalyticsのデータが取れなくなってしまいます。GoogleAnalytics側でフィルタを掛ける事も出来ますが、環境によってトラフィックが取られてしまい、自分のアクセスがカウントされてしまうケースもあります。

is_user_logged_inでログインを判別

そこでWordPressの管理画面にログインしている状態を判別して、トラッキングコードの表示・非表示を切り替える方法で対応しました。
判別にはif文にWordPressのis_user_logged_in関数をしようして分岐させます。

<?php if (!is_user_logged_in()) { ?>
/* GoogleAnalyticsのトラッキングコードを挿入 */
<?php } ?>

これでユーザーがログインしている時にGoogleAnalyticsのトラッキングを行わない設定が出来ました。
しかし、これではコミュニティサイトなど不特定多数のユーザーがWordPressにログインするサイトの場合に、他のユーザーがログインしている時も同じ動作をしてしまいます。

get_currentuserinfoでログインユーザー情報を取得

管理者のみ制御することが出来ないかと調べていたところ、get_currentuserinfoという関数がありました。
私はこの関数でログインしているユーザーのIDを取得して判別させることにしました。

<?php global $current_user;
get_currentuserinfo();
if("/*ユーザーID*/"!=$current_user->ID){ ?>
/* GoogleAnalyticsのトラッキングコードを挿入 */
<?php } ?>

これで指定しているID以外のユーザーがログインしている場合にはトラッキングコードが挿入されるようになりました。

参考記事: Webエンジニアの卵の備忘録「[WordPress]ログインしているかを判定するis_user_logged_in関数」