WordPressで会員向けサイトを作り、ログインしたユーザーだけが見られるようにしたのですが、その後クライアントから「どのユーザーがどれくらい使ってくれているか知りたい」と要望がありました。ユーザーのidをパラメータで取得してGoogleAnalyticsを使おうかとも考えましたが、WEBで探していたところ、「Audit Trail」というプラグインを発見したのでご紹介します。

このプラグインではユーザーがログインした後にどのページを見たかを調べることができます。残念ながらGoogleanalyticsのように数字をまとめてはくれませんが、どのユーザーが使っているかを調べるなど簡単な情報を取るには充分なプラグインです。

インストール

まずはプラグインのインストールです。「Audit Trail」のページでダウンロードし、FTPなどのツールを使いディレクトリごと「/wp-content/plugins/」の中にアップロードしてください。
その後、管理画面上からプラグインを有効化してください。(管理画面の検索から探してインストールする事もできました。)

設定と管理者IDの解析を除外

audit-trail1

Audit Trail」の管理ページは「ツール」の中に作られます。「設定」からアクセスログを取りたい項目をチェックします。私はユーザーがどれだけ利用しているかを求められていたので、管理者や運用者のIDを「除外するユーザー」の項目に入力しました。
以上で設定は完了です。

アクセスの確認

設定が完了後に「オーディットトレイル(動作記録)」のページでユーザーのアクセス一覧を確認できます。表示されるのは内容は下記の通りです。

  • ユーザーID:ログイン時に入力しているIDです。
  • 行動:「ログイン」「ページ閲覧」などユーザーの行動が表示されます。
  • 場所:アクセスしたページのパスです。
  • 日付:アクセスされた日時です。
  • IP:ユーザーのIPアドレスです。

一覧に表示されているデータは右上のExcelファイルのアイコンからcsvでダウンロードが可能です。上手く編集ができれば有用なデータが取れるかもしれませんね。これから使い込んでいきたいと思います。